伊勢物語 全章徹底解読 音声つき

『伊勢物語』について

『伊勢物語』は平安時代初期に書かれた作者未詳の歌物語です。全125段からなり、各段は長さも内容もまちまちですが、必ず一段に一首以上、歌があります。

全体で一人の「男」の元服から死の直前までを描く一代記となっていますが、必ずしも一本の筋があるのではなく、あちこちへ寄り道しながら、ゆったりと話が進んでいきます。

内容も恋愛、友情、親子の情、政治的な駆け引き、旅情など、バラエティに富みます。それも青年期から壮年~老年期にかけて、それぞれの年齢での実感のこもった歌が詠まれるので、必ず共感できる歌がみつかるはずです。

主人公のモデルは在原業平といわれますが、史実の業平そのものではなく、別の人物のエピソードがまじっていたり、物語的な飛躍があったりして、主人公像はぼんやりしたものです。このへんの虚と実が入り混じった不思議な感覚も、『伊勢物語』の大きな魅力です。

後世の文学に与えた影響は大きく、たとえば『源氏物語』で光の君がヒロイン紫の上を見初めるシーンには『伊勢物語』の影響が強く見えます。そのほか『平家物語』や『更級日記』、松尾芭蕉の『おくのほそ道』など、『伊勢物語』は多くの作品に影響を与えています。

このサイトは『伊勢物語』の全段を詳細に解読していきます。

●わかりやすく正確な現代語訳により、内容が無理なく理解できます。
●有名な章は音声つきですので、よりわかりやすく、情景が浮かびやすくなっております。
●音声ファイルと文字起こしpdfを無料配布しています。
●学校や塾で古文を教えている教員の方、若い頃学んだことを学びなおしたいというい方、生涯学習の一貫としてもお役立てください。



全段 一覧

リンク


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク