四十七 大幣

むかし、男、ねむごろに、いかでと思ふ女ありけり。されどこの男を、あだなりと聞きて、つれなさのみまさりつついへる。

大幣の引く手あまたになりぬれば思へどえこそ頼まざりけれ

返し、男、

大幣と名にこそ立てれ流れてもつひによる瀬はありといふものを

現代語訳

昔、男が心から、どうにかして一緒になりたいと思う女がいた。しかし女はこの男を浮気者だと聞いていて、冷淡さばかりをつのらせつつ、詠んだ。

あなたは神社の大幣のように引く手あまたなのですから、たとえ貴方のことを思っても、貴方のことは、あてにしないことにします。

返しに男が詠んだ。

大幣のように引く手あまたと評判を立てられている私ですが、しかしその大幣だって最後はどこかの川の瀬に流れ着くのです。私が流れ着くのは、あなたのもと以外ありえないんですよ。

語句

■ねむごろに 心から。 ■あだなり 浮気性。 ■「大幣の…」 「大幣」は神社等でお払いにつかう幣帛(へいはく)。祓えが終わると人々が自分の身に引き付けて穢れを移し、穢れを移した後は水に流す。次の「引く手あまた」につながる。■「大幣と…」 「名」は評判。「寄る瀬」は大幣を流す川の瀬。より所。

解説

「大幣」は、神社でケガレを祓うために使う、例のハタキみたいな、幣帛のことです。お祓いを終えた後は人々が自分の体に「引き」つけて、ゴシゴシと体にこすりつけて、自分の体の中のケガレを大幣に移して、移した後は水に流します。

だから、「大幣」は「引く手あまた」なんです。これを、女性から引く手あまたのたとえとして詠みます。あなたは神社の大幣のように、ほうぼうから引く手あまたでしょうから、信用できませんわ。

男は答えます。引く手あまたなんておっしゃいますが、大幣はお祓いをした後、川に流すんです。とはいってもずーーっと流れているわけじゃない。いずれ、どこかの川の瀬に流れ着くでしょう。私にとって、流れ着く川の瀬、それがあなたなんですよと。

「大幣」というめずらしい趣向で詠まれた、歌のやり取りです。

≫次の章 「人待たむ里」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク