二十七 たらひの影

むかし、男、女のもとに一夜いきて、またもいかずなりにければ、女の、手洗ふ所に、貫簀(ぬきす)をうちやりて、たらひのかげに見えけるを、みづから、

わればかりもの思ふ人はまたもあらじと思へば水の下にもありけり

とよむを、来ざりける男、たち聞きて、

みなくちにわれや見ゆらむかはづさへ水の下にてもろ声に鳴く

現代語訳

昔、男が、女のもとに一晩だけ行って、それっきり通わなくなったので、女は手洗い所に盥の上に本来かぶせる貫簀を取り除いていたので、自分の顔が盥の水面に見えたのを、自ら歌を詠んだ。

私ほど物思いに沈んでいる人は他にいないと思っていたら、水の下にもいた。

と詠んだのを、その来なくなった男が立ち聞きしていて、

盥の水口に私の姿が現れたのでしょう。田の蛙さえ、水の下で声をあわせて鳴くではありませんか。そんなふうに、私も貴女といっしょに泣いているのですよ。

語句

■貫簀 竹で編んだすのこ。たらいの上にかけて、手元に水が跳ね返らないようにする道具。■「みなくちに…」 「みなくち」は水口。田に水を注ぐ所。また盥に水を注ぎいれる器具を半挿(はんぞう)といって急須状のものだが、その注入口のことも水口という。 「かはず」は田の蛙。

解説

女が盥に張った水に映った自分の顔を見て、私ほど物思いに沈んでいる人は他にはいないと思ったら、いた。この水の下に。女がそう歌うのを、たまたま聞きつけた男が歌で返します。

「水口(みなくち)」は盥に水を注ぐ部分。また田んぼに水を流し込む箇所をも指します。この歌では「盥の水口」から「田んぼの水口」をイメージし、さらに「田んぼ」から「蛙」をイメージします。

で、あなただけじゃないですよ。悲しいのは私も同じだ。蛙が泣くように、あなたと一緒に私も泣いているんです。蛙が鳴くように、泣いているんですという話です。

≫次の章 「あふごかたみ」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク