六 芥川

むかし、男ありけり。女のえ得まじかりるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗みいでて、いと暗きに来けり。芥川といふ河を率(ゐ)ていきければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ」となむ男に問ひける。ゆく先おほく、夜もふけにければ、鬼ある所ともしらで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる倉に、女をば奥におし入れて、男、弓、胡簗(やなぐひ)を負ひて戸口にをり、はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。「あなや」といひければ、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば率(ゐ)て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉か何ぞと人の問ひし時つゆとこたへて消えなましものを

これは二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐたまへりけるを、かたちのいとめでたくおはしければ、盗みて負ひていでたりけるを、御兄(せうと)、堀川の大臣(おとど)、太郎国経の大納言、まだ下﨟にて、内裏(うち)へ参りたまふに、いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめてとりかへしたまうてけり。それをかく鬼とはいふなりけり。まだいと若うて、后のただにおはしける時とかや。

現代語訳

昔、男があった。手に入りそうもなかった女のもとに長年求婚し続けてきたのだが、とうとう盗み出して、たいへん暗い所に来た。芥川という河のあたりを女を連れて走っていったところ、草の上に露が降りているのを、「あれは何じゃ」と男にたずねた。

男はまだまだ逃げないといけないし、夜も更けてしまったので、そこが鬼のいる所とも知らないで、雷さえひどく鳴っていて雨もざあざあ降っているので、みすぼらしい倉に、女を奥に押し込んで、男は弓とやなぐいを背負って戸口で見張りしていた。

「早く夜が明ければいいのに」と思いながら見張りをしていたところ、鬼がたちまち女を一口で食ってしまった。「あれ」と叫んだのだが、雷が鳴っていて騒がしく、男は女の声を聞き取ることができなかった。

だんだん夜が明けてきた頃、見れば昨夜連れてきた女の姿が無い。男は地団太をして泣いたがどうしようもない。

白玉か何かだろうかと貴女が問われた時、「あれは露です」と答えて私も露のように消えてしまえばよかったのに。そうしていたらこんな悲しみを味わわないですんだのに。

この話は二条の后藤原高子が、いとこの女御の御もとにお仕えするようにして暮らしていらっしゃったのを、容貌が美しくいらっしゃったので、男が盗んで背負って飛び出したのを、御兄であらせられる堀川大臣藤原基経殿、その御長男国常の大納言らが、その時はまだ位も低くいらして、内裏へ参上された時、たいそう泣いている人がいるのを聞きつけて、引きとめて取り戻されたのだった。それを、こんなふうに鬼といったのだ。高子がまだたいそう若く、清和天皇のもとに入内する前のことであったとか。

語句

■女のえ得まじかるける ある女で、男が手に入れられそうになかった女を。 ■よばふ 求婚する。 ■芥川 諸説あり。(一)摂津国三島郡の川。淀川に注ぐ。 (ニ)宮中の芥(ごみ)を流す川。 (三)架空の川。 ■神 雷。 ■胡簗 矢を指して背中に負う器具。 ■明けなむ 「なむ」は未然形につく助詞。希望。明けてほしい。 ■「白玉か…」 「白玉」は真珠。「なまし」の「な」は助動詞「ぬ」の未然形。「まし」は反実仮想の助動詞。 ■二条后藤原高子 (841-910)藤原長良長女。清和天皇女御。後に陽成天皇を生む。 ■いとこの女御 藤原良房の女染殿后。文徳天皇女御。清和天皇生母。「女御」は天皇の御寝所に仕える女官。 ■堀川の大臣 藤原基経。長良の子で高子の実兄。摂政関白太政大臣となる。 ■太郎国常の大納言 藤原長良の子で、基経、高子らの兄。長兄なので太郎。 ■下﨟 官位身分が低いこと。 

解説

「芥川」という題で、教科書によく採り上げられる段です。業平・高子とおぼしき二人の物語のうちの一話です。高嶺の花の、高貴な女性のもとに男は通い、しかし身分違いの恋なので結婚など夢のまた夢です。でも愛しい。ええいもう、やってしまえ。

ばっと男は、女をかついで逃げ出します。はるかに逃げるわけです。芥川という川にかかった時、夜の闇の中に草の上の露がキラキラ光っているのが見え、「あれは何?真珠かしら」。「黙ってろ。今は先を急ぐ!」。

女は深窓の令嬢なので、露を知らないようです。もっともいくら深窓の令嬢でも庭のはっぱに降りてる露くらい見たことあるだろって気もしますが、ちょっとオーバーな表現なのかもしれません。

芥川は大坂の高槻市を流れる淀川の上流の川というのが一説ですが、御所から20キロも離れています。20キロも女しょって走っていくのは、ちょっと無理な感じです。または宮中のごみを捨てる川のことだという説もあります。

そこで振り出す雨。さらに雷も鳴り始めます。男は女をあばら屋の中に入れて、表で寝ずの番をしますが、朝になってみると、鬼に食われたように、いなくなっていました。

ああ、こんなことなら、あの時、あれは何ときかれた時、露と答えて露のように消えてしまうんだったと男は嘆くのでした。

「高子の兄たちが、取り返しに来たのだ」と付け足しのように書かれていますが、最初はほんとうに鬼に食われる説話だったのを、業平と高子の話としてふくらませたのかもしれません。なので前半と後半がちぐはぐな感じもしますが、同時に夢とうつつがまじりあったような不思議な味もあり、印象深い段です。

≫次の章 「かへる浪」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク