三十六 玉葛

むかし、「忘れぬるなめり」と、問ひ言しける女のもとに、

谷せばみ峰まではへる玉かづら絶えむと人にわが思はなくに

現代語訳

昔、「私のことをお忘れになったようですね」と問いただしてきた女のもとに、

谷が狭まっているので、峰までのびている玉かづら。そんなふうに私たちの関係も長くありたいと思っています。途絶えるなんて思いもしませんのに。それなのに、貴女はそんなことおっしゃるのですね。

語句

■忘れぬるなめり お忘れになったようですね。 ■問ひ言しける 問いただしてきた。 ■「谷せばみ…」 「せばみ」は狭いので。動詞「狭(せ)し」の語幹に接尾語「み」がついたもの。「玉かづら」は、かづら。「玉」は美称。「思はなくに」思いませんのに。

解説

「玉かづら」の「玉」は上品に言うときに言葉の頭につける美称で、「かづら」はつる草です。谷が狭いので、すーーーっと谷底から地上までつる草が伸びているのを想像してください。想像しましたか。そんなふうに、私のあなたに対する思いは、途絶えることなく、長く続いていますよという歌です。

≫次の章 「下紐」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク