八 浅間の嶽

むかし、男ありけり。京やすみ憂かりけむ、あづまの方にゆきて、すみ所もとむとて、友とする人、ひとりふたりしてゆきけり。信濃の国、浅間の嶽に煙の立つを見て、

信濃なるあさまのたけに立つけぶりをちこち人の見やはとがめぬ

現代語訳

昔、男がいた。京は住みづらかったのだろうか、東国の方に行って、住む所を求めようということで、友人一人二人とともに行った。信濃国、浅間の嶽に煙が立つのを見て、

信濃にある浅間嶽に立つ煙、遠くの人も近くの人もこれを見て不思議がらないだろうか。いや、不思議がるはずだ。

語句

■浅間の嶽 信濃国にある浅間山。長野と群馬の県境にある。 ■「信濃なる…」 「なる」は「にある」。「をちこち人」は遠近人。遠くの人も近くの人も。 「見やはとがめぬ」は、不思議に思わないのだろうか。いや、思うだろう。

解説

七段から続く「東下り」の話の一つです。浅間山に煙が立っている。ああすごいなあ。雄大ですねえ、などと、旅人は心を留めないでは、いられないんです。

前の七段や次の九段を見ると、尾張→三河→駿河と東海道を旅していますが、浅間山は東海道よりずっと内陸に入り込んでいます。東海道からは見えないはずですが、必ずしも実際の旅のルートにはこだわらず、イメージ的にさまざまな旅の名所を詠んだものと思われます。

≫次の章 「東下り」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク