九十八 梅の造り枝

むかし、おほきおほいまうちぎみと聞ゆる、おはしけり。仕ふまつる男、九月(ながつき)ばかりに、梅の造り枝に雉をつけて奉るとて、

わが頼む君がためにと折る花はときしもわかぬものにぞありける

とよみて奉りたりければ、いとかしこくをかしがりたまひて、使に禄たまへりけり。

現代語訳

昔、太政大臣と申し上げる方がいらっしゃった。お仕えしている男が、九月ごろ、梅の造花のついた枝に雉をつけて献上するといって、

私が頼りにする君のために折った梅の花は、季節に関係なく咲き誇っています。

と詠んで差し上げたので、太政大臣もたいそう趣深く思われて、使に褒美を取らせた。

語句

■おほきおほいまうちぎみ 太政大臣。藤原良房(804-873)のことか。良房が太政大臣であったのは857-872。 ■梅の造り枝 梅の造花をつけた枝。 ■「わが頼む…」「しも」は強意。「ときしも」に「雉」を詠み込んでいる。 ■かしこし 非常に、たいそう。■禄 褒美。

解説

太政大臣藤原良房に、梅の造花におそらく鷹狩の獲物であろう雉を添えて贈ったのです。造花だけに、季節にしばられず、いつでも咲くということで、わが君の繁栄が季節など関係ないですと祝福の意をこめた歌です。「時しも」の中に、「きし(きじ)」が詠み込まれている点に、ご注目ください。

藤原良房は人臣としてはじめて摂政となった人物で、娘明子(あきらけいこ)を文徳天皇の後宮に送り込みました。そして文徳天皇と明子との間に生まれた第四皇子惟仁親王が、清和天皇として即位します。

娘を次々と天皇家に嫁がせて外戚としての地位を確立する、摂関政治のさきがけとなった人物です。

≫次の章 「ひをりの日」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク