異本十一 むばたまの

昔、在原の行平といふ人みまそがりけり。女のもとに、

思ひつつ居ればすべなしむばたまの夜になりなばわれこそ行かめ

女、

来ぬ人を今もや来ると待ちし間の名残にきふも寝られざりけり

現代語訳

昔、在原の行平という人がいらっしゃった。女のもとに、

思ひつつ居ればすべなしむばたまの夜になりなばわれこそ行かめ

(あなたを思いながらじっとしていると、どうしようもないです。夜になれば私のほうから訪ねていきましょう)

女、

来ぬ人を今もや来ると待ちし間の名残にけふも寝られざりけり

(来ない人を今も来るだろうかと待っている時間の辛い名残が残っていて、今日も寝られませんでした)

語句

■在原行平 在原業平の兄。七十九段百一段百十四段に登場。 ■みまそがり いらっしゃった。居るの敬語。 ■すべなし 手段が無い。 ■むばたまの ぬばたまの。夜・夕・黒などにかかる枕詞。「ぬばたまの」実が黒いことから。「ぬばたま」は檜扇 (ひおうぎ)。

朗読・解説:左大臣光永

スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク