九十六 天の逆手

むかし、男ありけり。女をとかくいふこと月経にけり。岩木にしあらねば、心苦しとや思ひけむ、やうやうあはれとも思ひけり。そのころ、六月(みなづき)の望ばかりなりければ、女、身にかさ一つ二ついできにけり。女いひおこせたる。「いまは何の心もなし。身にかさも一つ二ついでたり。時もいと暑し。少し秋風吹きたちなむ時、かならずあはむ」といへりけり。秋まつころほひに、ここかしこより、その人のもとへいなむずなりとて、口舌(くぜち)いできにけり。さりければ、女の(せうと)、にはかに迎へに来たり。さればこの女、かへでの初紅葉をひろはせて、歌をよみて、書きつけておこせたり。

秋かけていひしながらもあらなくに木の葉ふりしくえにこそありけれ

と書きおきて、「かしこより人おこせば、これをやれ」とていぬ。さてやがてのち、つひに今日までしらず。よくてやあらむ、あしくてやあらむ、いにし所もしらず。かの男は、天の逆手を打ちてなむのろひをるなる。むくつけきこと、人ののろひごとは、おふものにやあらむ、おはぬものにやあらむ。「いまこそは見め」とぞいふなる。

現代語訳

昔、男がいた。女をあれこれ口説いているうちに月が経った。女もさすがに岩や木ではないので、いつまでも待たせるのは心苦しいとでも思ったか、だんだん男に心を許してきた。そのころ、六月の中旬だったので、女は、体に疱瘡が一つ二つ出ていた。女は男に言いよこした。「今は貴方のお誘いを受けるのに私は何の迷いもありません。でもこの季節、体に瘡も一つ二つ出ています。また、たいへん暑いです。少し秋風が吹き立つ頃、必ずお会いしましょう」と書かれていた。しだいに秋めいてきた時分、あちらこちらから、男のもとへその女が行ってしまうだろうと噂が立って、言い争いが起こった。そこで女の兄がにわかに迎えに来た。するとこの女は、楓が秋一番に紅葉したのを侍女に拾わせて、歌を詠んで、楓の葉に書いて男に送った。

秋になったらお会いしようとお互い心にかけていましたのに、その言葉通りにはならず、木の葉が降り敷いて入り江が浅くなるように、結局私たちの縁は浅いものだったのですね。

と書きおいて、「あちらから人を寄こしてきたら、これをやってください」と言って、立ち去った。そしてそのまま後は、ついに今日まで女の消息はわからない。幸せになったのか、不幸になったのか。どこへ去ったかもわからない。かの男は、天の逆手を打って、女に呪いをかけているという。不気味なことである。人の呪いごとは、降りかかるものか。降りかからぬものか。男は「今こそ思い知るだろう」と言っているということだ。

語句

■とかくいふ あれこれ口説く。 ■「心木石ニ非ズ、豈深恩ヲ忘レンヤ」(『遊仙窟』)、「人木石ニ非ズ、皆情有リ」(『白氏文集』)。 ■六月の望 六月の満月が出る中ごろ。 ■かさ 疱瘡。できもの。 ■いまは何の心もなし 今は貴方のお誘いを受けるのに何の迷いもありません。 ■「ころほひ」は時分。しだいに秋めいてくる時分。 ■いなむずなり 動詞「去ぬ」の未然形+助動詞「むず」の終止形+伝聞推定の助動詞「なり」。 ■口舌 言い争い。 ■かへでの初紅葉 楓が秋一番に紅葉したもの。■書きつけて 楓の葉に歌を書きつけた。 ■「秋かけて…」「かく」は心に掛ける。「いひしながらも」は以前言ったその言葉のままにも。「秋」に「飽き」を掛ける目。「えに」には「江に」と「縁」を掛ける。 €€€€€€€€€€€€■かしこ あちら。男の所を指す。 ■今日までしらず 女の消息がわからない。 ■よくてやあらむ、あしくてやあらむ 幸せになったのか、不幸になったのか。 ■天の逆手 まじないの時打つ手の打ち方。詳細不明。■のろひをるなる 呪っているということだ。「なり」は伝聞推定。 ■むくつけき 気味が悪い。 

解説

男があまり熱心に求婚してきたので女は情にほだされていったん受け入れたのです。しかし男が会おう会おうと言うのに、おできができたので女は先延ばしていました。というよりメンドくさくなったんでしょう。

そのうち親類から男との交際について反対の声が上がります。おそらく女はさる高貴な家の娘だったのでしょう。すると女はじゃもういいわと、特に執着もせず、男をフッてどこかへ立ち去りました。

「なんてつれない女だ。思い知れ」

男は天の逆手を打って呪っている、という話です。天の逆手とは普通の拍手と反対に呪いをこめたもので『古事記』出雲国の国譲りの話で大国主神の長男・事代主神が、天孫に国を譲ることを同意した後、しかし納得できなかったのか、舟をドーンと傾けてひっくり返して、その影にかくれて「天の逆手を打った」ということが記されています。

古代からある呪いのようですが、具体的にどう打つのかは不明です。

≫次の章 「四十の賀」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク