百二十 筑摩の祭

むかし、男、女のまだ世経ずとおぼえたるが、人の御もとにしのびてもの聞えて、のち、ほど経て、

近江なる筑摩の祭とくせなむつれなき人のなべのかず見む

現代語訳

昔、男が、まだ男女の関係を経験していないと思える女がいたが、その女がさる高貴な男性とこっそり語り合って、関係を持った後、しばらくして男が女に詠んだ。

近江の筑摩神社の祭りを、すぐに、しましょう。男女関係なんて興味が無いという風だった女が、何個の鍋を頭にかぶっているか、見ようじゃないですか。

語句

■世経ず 「世」は男女の関係。それを経験していないことで、生娘。 ■人 「人の御もと」と言っているので高貴な男性。 ■もの聞こえて 愛を語り合って(男女の関係を持って) ■のち 女が「世を経て」。つまり男性と関係を持って後。 ■近江なる筑摩のまつり 滋賀県坂田郡米原町にある筑摩神社の祭。里の娘が男と契った数だけ鍋をかぶって参詣し奉納する風習があったという。現在も鍋冠祭(なべかぶりまつり)として残る。「つれなき人」は男女の関係なんて興味ないといったそぶりだった女。

解説

男がある女を慕っていたのです。その女は無垢で、とても色恋なんて経験ありそうに見えない、つつしみ深い感じでした。ところが、後日その女がある高貴な男性と関係を持ち、男は風の噂にそれを知るのです。

けっ、清楚でつつしみ深い女と思ってたら、なんだ結局金かよ。そこで男が送った歌。近江の筑摩神社では女が関係した男の数だけ鍋を頭にかぶって、それを神様に奉納するという「鍋かぶり祭」があるが、あなたの鍋の数を見てみたい。

筑摩(ちくま)神社は滋賀県米原市の琵琶湖のすぐほとりにあります。もともとこのあたりは港町で遊女が多く風紀が乱れていました。そのため風紀を正す、戒めの意味でこういう祭が始まったようです。

通じた男の数が多いのは恥にあたるので、数をごまかすと神の怒りに触れ、鍋が地に落ちて割れたといいます。

鍋冠まつりは現在でも継続していますが、現在は通じた男の数とは関係無く、シンプルに一つの鍋をかぶります。無形文化財に指定されています。

≫次の章 「梅壷」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク