五十三 あひがたき女

むかし、男、あひがたき女にあひて、物語などするほどに、とりの鳴きければ、

いかでかはとりの鳴くらむ人しれず思ふ心はまだ夜ぶかきに

現代語訳

昔、男が、なかなか会えない女に会って、物語などしているうちに鶏が鳴いたので、

どうしたわけで鳥が鳴くのだ。人知れず彼女を思う私の心はまだ夜が深いというのに。

解説

夜が終わらないでほしい。ずっとこの女といっしょにいたい。そこへコケーと鶏が鳴きます。ああもう朝か。やだなあ。別れなければならないじゃないか。

どうして鳴くんだ、どうして朝など来るんだ。ずっとこの女と一緒にいたかったのに。鶏よ、鳴くなという歌です。

≫次の章 「つれなかりける女」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク