五十六 草の庵

むかし、男、ふして思ひおきて思ひ、思ひあまりて、

わが袖は草のいほりにあらねども暮るれば露のやどりなりけり

現代語訳

昔、男が、寝ては思い悩み、起きては思い悩み、その思いが抑えられず、

私の袖は草の庵では無いのですが、日が暮れるとしっとり露に濡れて、私は悲しみの涙に沈んでいるのですよ。

解説

別れた女を忘られないのです。「臥して思ひ、起きて思ひ、思ひあまりて」の一文が、いかにも執着して、じっとしていられない、いたたまれない様をあらわしています。

第四段の「去年を恋ひて、行きて、立ちて見、居て見、見れど、去年に似るべくもあらず」に似ています。男のふるまいが、目に浮かぶようです。

≫次の章 「恋ひわびぬ」
≫目次へ


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク