百十八 玉葛

むかし、男、久しく音もせで、「忘るる心もなし、まゐり来む」といへりければ、

玉かづらはふ木あまたになりぬればたえぬ心のうれしげもなし

現代語訳

昔、男が女のもとに久しく連絡もしないで、「忘れる心も無い。参上しよう」と言ったので、

貴方はつる草のように、あちこちの木に絡み付いていらっしゃるのですから、私への気持ちが絶えてないといわれたところで、ちっとも嬉しくないです。

語句

■「玉かづら…」 「玉葛」の「玉」は美称。「葛」はつる草で、木にからみつく。

解説

浮気性の男がたまに訪ねてきた時、女がうれしくもないです。どうせほうぼうで、ちょっかい出しているんでしょとすねている歌です。

≫次の章 「形見」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク