異本十二 夕月夜

昔、男ありけり。わりなきことを思ひて、ある所へいひやりける、

夕月夜あか月がたの朝かげにわが身はなりぬ君を恋ふとて

とありけれどいとかたくなりにけり。

現代語訳

昔、男があったり。とても手の届かない相手のことを想って、ある所へ歌を贈った。

夕月夜あか月がたの朝かげにわが身はなりぬ君を恋ふとて

(夕月夜の明け方の朝日に照らされる影のように、私はうっすらと影薄くなってしまいました。あなたを恋するあまりに)

語句

■わりなきこと 無理なこと。ここではとても手の届かない女のこと。 ■夕月夜 夕方の早い時間に月が出ること。早い時間に月が出るので朝、月が沈むのも早い。早朝はもう月の姿はなく、朝日はまだのぼりかけで、したがって、この歌にあるように影もうっすらしている。十五夜より前十日あたり。枕詞としての「夕月夜」は「暁闇(あかときやみ)」「をぐら」「入(い)る」にかかる。

朗読・解説:左大臣光永

スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



</