九十一 惜しめども

むかし、月日のゆくをさへ嘆く男、三月(やよひ)つごもりがたに、

をしめども春のかぎりの今日の日の夕暮にさへなりにけるかな

現代語訳

昔、月日が過ぎ行くのまでも嘆く男が、三月末ごろに、

いくら惜しんでも、春が終わるこの日の、もう夕暮れにまでなってしまった。

解説

三月の末に過ぎ行く春を惜しんでいるのです。古来、行く春を惜しむ「惜春」の情は、多くの歌や句に詠まれて来ました。

行く春や鳥啼き魚の目は泪
行く春を近江の人と惜しみけり

≫次の章 「棚なし小舟」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク