八十二 渚の院

むかし、惟喬の親王と申すみこおはしましけり。山崎のあなたに、水無瀬といふ所に、宮ありけり。年ごとの桜の花ざかりには、その宮へなむおはしましける。その時、右の馬の頭なりける人を、常に率ておはしましけり。時世経て久しくなりにければ、その人の名を忘れにけり。狩はねむごろにもせで、酒をのみ飲みつつ、やまと歌にかかれりけり。いま狩する交野の渚の家、その院の桜、ことにおもしろし。その木のもとにおりゐて、枝を折りて、かざしにさして、かみ、なか、しも、みな歌よみけり。馬の頭なりける人のよめる。

世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし

となむよみたりける。また人の歌、

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき

とて、その木のもとは立ちてかへるに日暮になりぬ。御供なる人、酒をもたせて、野よりいで来たり。この酒を飲みてむとて、よき所を求めゆくに、天の河といふ所にいたりぬ。親王に馬の頭、大御酒(おほみき)まゐる。親王ののたまひける、「交野を狩りて、天の河のほとりにいたる、を題にて、歌よみて盃はさせ」とのたまうければ、かの馬の頭よみて奉りける。

狩りくらしたなばたつめに宿からむ天の河原にわれは来にけり

親王、歌をかへすがへす誦じたまうて、返しえしたまはず。紀の有常、御供に仕うまつれり。それが返し、

ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ

かへりて宮に入らせたまひぬ。夜ふくるまで酒飲み、物語して、あるじの親王、酔ひて入りたまひなむとす。十一日の月もかくれなむとすれば、かの馬の頭のよめる。

あかなくにまだきも月のかくるるか山の端にげて入れずもあらなむ

親王にかはりたてまつりて、紀の有常、

おしなべて峰もたひらになりななむ山の端なくは月も入らじを

現代語訳

昔、惟喬の親王と申し上げる皇子がいらっしゃった。山崎の向う、水無瀬という所に、親王の離宮があった。毎年の桜の花ざかりには、その離宮へいらっしゃる。その時、右の馬寮の長官であった人を、いつもつれていらっしゃった。今までに長い時が経ったので、その人の名は忘れてしまった。鷹狩は熱心にもしないで、酒をひたすら飲みつつ、和歌に取りかかった。今、鷹狩をする交野の渚の家、その院の桜、格別に趣深い。その木の下に馬を下りて座って、枝を折って、かんざしに挿して、身分の高い人も中ぐらいの人も低い人も、皆歌を詠んだ。馬の頭であった人が詠んだ。

惟喬親王と惟仁親王
惟喬親王と惟仁親王

世の中に桜がまったく無かったら、桜の散るのを心配する必要も無くなり、人々の春の心はのどかなものになるでしょう。

また別の人の歌、

散るからこそ桜はこんなにもめでたく思えるのだ。この辛い世の中に、いつまでも変わらないものなどあろうか。無い。すべてのものは移りすぎて行く。

と詠んで、その木の下から水無瀬の離宮に戻って日が暮れた。お供の人が酒を持たせて、野から出てきた。この酒を飲もうということで、いい場所を探していったところ、天の河という所に至った。親王に馬の頭がお酒を差し上げる。

水無瀬~交野~天の河
水無瀬~交野~天の河

親王がおっしゃった。「交野を狩りして天の河のほとるにいたる、を題にして、歌を詠んで盃を差しなさい」とおっしゃったので、かの馬の頭が詠んで献上した。

狩りをしているうちに日が暮れてしました。七夕の織女に宿を借りましょう。天の河原に私は来たのです。

親王は、歌を返す返す唱えられて、返歌がおできにならない。紀有常が御供に仕えていた。それが返し、

一年に一回来る恋人を織女は待っているのですから、宿を貸してはくれないでしょう。

親王一行は帰って、水無瀬の離宮にお入りになった。夜が更けるまで酒を飲み物語して、主人である親王が、酔って寝所にお入りになろうとする。十一日の月も雲間に隠れようとしていたので、かの馬の頭が詠んだ。

まだ見足りないし飲み足りないのに、月は山の端に隠れてしまうのですか。いっそ山の端が逃げていって、月を隠れさせないようにしてほしいです。

親王にお代わり申して紀の有常が、

峰をならして平らにしてほしいです。山の端がなくなれば月も隠れられないですから。

語句

■惟喬の親王 惟喬親王(844-897)。文徳天皇第一皇子。母は紀名虎の女静子。静子の兄有常の女は業平の妻。 ■山崎 京都府乙訓郡大山崎村。 ■水無瀬 大阪府三島郡島本町広瀬あたり。後に後鳥羽上皇も離宮を建てた。 ■右の馬の頭 右馬寮の長官。右馬寮は馬に関する庶務を取り扱う役所。 ■時世経て 今までに時が経って。 ■狩 鷹狩。
■交野 大阪府牧方市あたり。鷹狩の名所。現在も渚院跡が残る。紀貫之は土佐から淀川をさかのぼって帰郷する途中、渚の院を望んだ。「その院、昔を思ひやりてみれば、面白かりける所なり。しりへなる丘には松の木どもあり、なかの庭には梅の花咲けり」(『土佐日記』)。 ■「世の中に…」 「世の中」は世間。「せば…まし」は反実仮想。 ■飲みてむ 飲もう。 ■天の河 大阪府牧方市禁野。淀川の東。 ■大御酒まゐる 「大御酒」はお酒。「まゐる」はさしあげる。奉仕する。 ■盃さす 酌する。 ■「狩りくらし…」 「狩りくらし」は狩りをして日を暮らし。「たなばたつめ」は「七夕つ女」。織女。天の河からの連想。 ■紀有常 紀名虎の子。娘は業平の妻。妹静子は、惟喬親王と斎宮恬子内親王の母。 ■あかなくに…」 「あかない」は満足しない。月をまだ見たり無いこと。 「まだき」はまだその時刻ではないのに。早くも。早くも床につこうという親王を月に例えている。「なむ」は望むこと。■「おしなべて…」 「ななむ」は助動詞「ぬ」の未然形+助詞「なむ」。「なくは」は仮定条件。

解説

惟喬親王は文徳天皇第一皇子で、父天皇がことに寵愛しておられた親王でした。次期皇太子とも見られていましたが、惟喬親王の母は紀名虎の娘で藤原氏ではありませんでした。

対して第四皇子の惟仁(これひと)親王は、母が藤原良房の女あり後ろ盾は磐石です。藤原氏の強い後押しによって惟仁(これひと)親王が皇太子に立ち、清和天皇として即位しました。これが惟喬親王7歳の時です。

さらにその後、清和天皇と藤原高子との間に貞明親王が誕生し、皇太子に立ちます。後の陽成天皇です。

ここに至り、惟喬親王の皇位継承の望みは完全に絶たれました。惟喬親王26歳の春でした。

皇位継承の望みを絶たれた惟喬親王はウックツした思いをまぎらわせるように、風流の遊びに没頭していきます。そんな惟喬親王のお側にいつもお仕えしていたのが在原業平です。業平は親王よりも19歳年上です。

惟喬親王は、大坂の水無瀬(大阪府島本町)に離宮を持っており、
毎年、花盛りの頃にはこの離宮に出かけていかれました。

親王の御幸ですから、業平のほかにもおおぜいのお供が
ぞろぞろと、つきそっていきます。

大坂の交野(かたの)で一行は狩を楽しみます。
狩もそうそうり切り上げ、酒を飲んでは、
では、そろそろ歌を詠もう。業平、期待しておるぞ
となります。

淀川のほとりは、桜が見事に咲き乱れていました。
人々は桜の枝を折り、かざしに挿して、ワイワイいっています。
そんな中、在原業平が詠みました。

世の中に 絶えて桜のなかりせば
春の心は のどけからまし

世の中に、桜が無くなってしまえば、
春の心はどんなにか、のんびりするだろうに。

(つまり、春は短い間、桜が咲く。だから今日はどこの桜。
明日はどこの桜。西に東に花見に走り、ソワソワする。
いっそ桜なんて無かったら、気分が落ち着くのだが)

また別の人が詠みました。

散ればこそいとど桜はめでたけれ
憂き世になにか久しかるべき

(散るからこそ、桜はすばらしいのだ。
この憂き世で、永遠なものなんて、あるだろうか。いやない)

その後、交野から淀川の支流天の川に入り、天の川という地名に
ことよせた歌を詠み、水無瀬の離宮に戻ってからも、
夜更けまで酒を飲んで、この楽しい夜が終わらないでほしいという意味の
歌を詠みあうのでした。

惟喬親王と業平はじめお供の人々との心温まる交流が感じられる段です。

この後、惟喬親王は29歳で貞観14年(872年)出家して洛北の小野に
隠棲し、小野宮と号しました。

≫次の章 「小野」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき