異本三 かつ見る人

昔、男女おき臥し物いふを、いかがおぼえけむ、男、

心をぞわりなきものと思ひぬるかつ見る人や恋しかるらむ

現代語訳

昔、男が女と起きても寝ても通じ合っていたところ、何を思ったのだろうか。男が、

心をぞわりなきものと思ひぬるかつ見る人や恋しかるらむ

心というものは道理にあわないものだと思ってしまいました。すでに逢っている人が、どうしてこんなにも恋しいのでしょうか。

語句

■わりなし 道理にあわない。 ■かつ見る すでに逢っている人。

解説

いつも一緒にいる男女が、飽きるわけでもなく、お互いに愛しい気持ちがいよいよ勝っている。ああ心というのは理不尽だ。すでに逢ってる人が、どうしてこんなにもさらにさらに、愛しいのだろうと。ノロケの歌です。もとは『古今和歌集』の「心をぞわりなきものと思ひぬる見るものからや恋しかるべき」(『古今集』巻十四・恋四・題しらず)。歌の意味は「心というものを道理にあわないものと思い知りました。すでにあなたに逢って、思いを遂げたのに、それだかこそ、さらに恋しいと思うなんて」

朗読・解説:左大臣光永

スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク