百七 身をしる雨

むかし、あてなる男ありけり。その男のもとなりける人を、内記にありける藤原の敏行といふ人よばひけり。されど若ければ、文もをさをさしからず、ことばもいひしらず、いはむや歌はよまざりければ、かのあるじなる人、案をかきて、かかせてやりけり。めでまどひにけり。さて男のよめる。

つれづれのながめにまさる涙河袖のみひちてあふよしもなし

返し、例の男、女にかはりて、

あさみこそ袖はひつらめ涙河身さへながると聞かば頼まむ

といへりければ、男いといたうめでて、いままで、巻きて文箱に入れてありとなむいふなる。

男、文おこせたり。得てのちのことなりけり。「雨のふりぬべきになむ見わづらひはべる。身さいはひあらば、この雨はふらじ」といへりければ、例の男、女にかはりてよみてやらす。

かずかずに思ひ思はず問ひがたみ身をしる雨はふりぞまされる

とよみてやれりければ、みのもかさも取りあへで、しとどにぬれてまどひ来にけり。

現代語訳

昔、高貴な男がいた。その男のもとで召し使っていた侍女に、内記藤原敏行という人が求婚した。しかし女は若かったので、文も手馴れておらず、言い方もわかっていない。まして歌など詠まない女なので、例の主人である男が、案を書いて、女に書かせて書き送った。敏行はたいそう感激した。さて敏行が詠んだ。

私はなすこともなく物思いにふけっております。長雨にもまして流れ落ちる私の涙。涙に袖が濡れるばかりで、貴女にお逢いする方法も無いのです。

返しに例の男が女にかわって詠んだ。

涙に袖が濡れるなんてまだ貴方の思いは浅いのですね。浅瀬でこそ袖は濡れるものです。ほんとうに涙が河のように流れて、貴方のその御体さえ流されたと聞いたら、私は貴方をお頼みいたしましょう。

と言ったところ、男はたいそう感激して、今までその文を巻いて文箱に入れてあると言うことだ。

男が文を送ってきた。女を手に入れて後のことだった。「雨が降りそうなので、出発しようか迷っています。もし私の身が幸いならば、この雨は降らないでしょう」と言ってきたので、例の男は、女に代わって詠み送った。

いろいろと、思ってくださるのか、思ってくださらないのか、問うてみるのも難しいので、私は所詮あなたのお気持ちにそえない身の程をわきまえ、涙を流しています。その涙が雨となって、どんどん降るのですよ。

と詠んで書き送ったところ、蓑も笠も容易せず、ずぶ濡れに濡れてあわててやってきたのだ。

語句

■その男のもとなりける人 その男に仕えていた侍女。 ■内記 詔勅・宣命をつくる役所。大・中・少の三等級があるが中内記は後に廃された。 ■藤原敏行 (?-901もしくは907)平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。藤原南家の陸奥出羽按察使富士麻呂の長子。母は紀名虎(きのなとら)の女。妻は紀有常の娘で在原業平の姉妹。能書家としても有名。 ■よばふ 求愛すること。 ■をさをさしからず 手馴れていない。 ■いひしらず 言ひ知らず。言い方を知らない。 ■かのあるじなる男 侍女の主人。「あてなる男」。 ■めでまどふ たいそう感激する。 ■「つれづれの…」「ながめ」は「長雨」と「物思いにふける」という意味の「ながめ」を掛ける。「涙河」は涙が大量に流れるのを河にたとえる。「袖がひつ €€€€€€€€€€€?は涙に袖が濡れること。 ■「あさみこそ…」 「あさみ」は河の浅いところ。 ■得てのち 女を手に入れて後。 ■雨のふりぬべき 雨がふりそう。「ぬべし」は完了の助動詞「ぬ」+推量の助動詞「べし」。■わずらふ 迷う。 ■「かずかずに…」「かずかずに」はいろいろと。「問いがたみ」は問いがたいので。「身をしる雨」は、男の気持ちェ翼mサ黹汲ヌ熱心であることを知り、身の程を思い知って、涙が出る。そのことを実際に降っている雨と重ねている。

解説

藤原敏行がある女と歌のやり取りをしますが、女の見事な詠みっぷりに敏行はビックリして、女に夢中になります。しかしそれらの歌は主人である男…おそらく業平が代作していた、という話です。

文を巻いて文箱に入れて大切に保管したとか、蓑も笠もとりあえず飛んできたとか、敏行の反応が面白く描かれています。業平も影で苦笑していたでしょうか。人が悪いですね。

藤原敏行は歌人としても能書家としても知られます。

秋きぬと目にはさやかに見えねども
風の音にぞおどろかれぬる

(秋が来たことは目にはっきり見えるものではないが、
風の音に秋の到来を気づかされるのだ)

≫次の章 「浪こす岩」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク