二十二 千夜を一夜

むかし、はかなくて絶えにける仲、なほや忘れざりけむ、女のもとより、

憂きながら人をばえしも忘れねばかつ恨みつつなほぞ恋しき

といへりければ、「さればよ」といひて、男、

あひ見ては心ひとつをかはしまの水の流れて絶えじとぞ思ふ

とはいひけれど、その夜いにけり。いにしへ、ゆくさきのことどもなどいひて、

秋の夜の千夜(ちよ)を一夜(ひとよ)になずらへて八千夜(やちよ)し寝(ね)ばやあく時のあらむ

返し、

秋の夜の千夜を一夜になせりともことば残りてとりや鳴きなむ

いにしへよりもあはれにてなむ通ひける。

現代語訳

昔、そう深い仲でもないままに縁が切れてしまった男女がいた。しかしやはり、忘れられなかったのか、女のもとより、

貴方はひどい方です。それはわかっています。なのに貴方が忘れられません。私は貴方のことを一方では恨み、また一方では恋しく思っているのです。

と言ってきたところ、「それ見たことか」といって、

いったん夫婦になったからには、心を一つに交わして、川の中洲のところで水の流れがいったん分かれても、やがて一つに合流するように、私たちの関係も、絶えることはないでしょう。

と歌を詠んだが、その夜のうちに女のもとに行った。過去のこと未来のことたくさん話して、

秋の千夜を一夜と見なして、八千夜をあなたと寝たなら、満足して夜が明けることがあるのでしょうか。

女の返し、

秋の千夜を一夜と見なしたとしても、愛の言葉を言い尽くすことができずに、夜明けを告げる鶏が鳴くことでしょう。

このようなやり取りがあって後、以前よりもさらに仲むつまじく男は女のもとに通った。

語句

■はかなくて そう深くも無い縁を結ぶこと。 ■憂きながら 悲しいながら。 ■えしも忘れねば 「え忘れず」は忘れられない。「し」は強意「も」は感動の助詞。 ■かつ恨み 一方では恨み、一方では… ■あひ見ては 「見る」は男女が交わる。夫婦になること。 ■かはしまの 「川島」と「交わし」を掛ける。「川島」は川の中にある島。■なずらへて 「なずらへる」は準ずる、匹敵する。

解説

男女が別れたのです。別れた後で、女が「やっぱりあの人のことが忘れられない」と思い歌を送ると「そうだろう。そうだろう。やり直そう」と、ふたたび一緒になって、以前よりいっそう仲良くなった、という話です。

前の21段と対象をなしています。21段では結局山あり谷あり、最後には別れてしまうのが、この22段ではねんごろになる。さまざまな愛の形を描いているのです。

男の歌は、川の水が川中の島のところで別れても、ついには一緒になるように、夫婦は一緒
だよ、という意味ですが、百人一首の崇徳院の歌

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の
われても末にあはむとぞ思ふ

を思い出さずにはいられません。

≫次の章 「筒井筒」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク