百十二 須磨のあま

むかし、男、ねむごろにいひちぎりける女の、ことざまになりにければ、

須磨のあまの塩焼くけぶり風をいたみ思はぬかたにたなびきにけり

現代語訳

昔、男が、親しく情を通わしていた女が、他の男になびいてしまったので、

須磨の漁師が塩をつくるために海藻を燃やす煙が、風が激しいために思わぬ方向にたなびいてしまう。そんなふうに貴女の心も、あらぬ方向に行ってしまったのですね。

語句

■ことざま 他の男になびいてしまった。■「須磨のあまの…」 「塩焼くけぶり」は塩を生成するため海藻を焼く時に出る煙。「風をいたみ」は風が激しいので。

解説

男が、女の心変わりを嘆いた歌です。須磨の漁師が塩を焼く煙がすーっと風に流されていく。そんなふうにお前も、他の男になびくんだねという歌です。

≫次の章 「短き心」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク