異本八 玉くしげ

同じ男、女の初裳(うひも)着けるに、釵子(さいし)をこころざしてよみてやれる。

あまたあらばさしはせずとも玉くしげあけむ折々思ひ出(で)にせよ

現代語訳

同じ男が、女が初めて裳を着た時、かんざしを贈り物として贈って歌を詠んでやった。

あまたあらばさしはせずとも玉くしげあけむ折々思ひ出(で)にせよ

(かんざしがたくさんありすぎるなら挿さなくてもいいから、せめてかんざしをしまう箱を空ける時は私のことを思い出しておくれ)

語句

■初裳 「裳」は成人女性が袴の後ろ半分につけるもので、裾を長く引いた衣。「初裳」は初めて裳を着用すること。男性の「初冠」に対応する。■釵子 かんざし。 ■こころざして 贈り物として贈って。 ■玉くしげ 玉櫛笥。かんざしなどを入れておく箱。玉は美称。

朗読・解説:左大臣光永

スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



</