百一 あやしき藤の花

むかし、左兵衛の督なりける在原の行平といふありけり。その人の家によき酒ありと聞きて、上にありける左中弁藤原の良近といふをなむ、まらうどざねにて、その日はあるじまうけしたりける。なさけある人にて、かめに花をさせり。その花のなかに、あやしき藤の花ありけり。花のしなひ、三尺六寸ばかりなむありける、それを題にてよむ。よみはてがたに、あるじのはらからなる、あるじしたまふと聞きて来たりければ、とらへてよませける。もとより歌のことはしらざりければ、すまひけれど、しひてよませければかくなむ、

咲く花の下にかくるる人を多みありしにまさる藤のかげかも

「などかくしもよむ」といひければ、「おほきおとどの栄花のさかりにみまそがりて、藤氏の、ことに栄ゆるを思ひてよめる」となむいひける。みな人、そしらずなりにけり。

現代語訳

昔、左兵衛府の督であった在原行平という人がいた。その人の家にいい酒があると人々の間に評判が立ったので、殿上の間に出仕していた左中弁藤原良近という人を主客として、その日は饗応を催した。この行平という人は情緒を解する人物で、かめに花を挿していた。その花の中に、変わった藤の花があった。花房が、三尺六寸(1メートル10センチ)ほどもあった。その花を題にして詠むのだ。読みおわった頃、主人行平の兄弟(業平)が、饗応を催していると聞きつけて来たので、つかまえて、詠ませた。もともと歌のことは知らないので業平は断ったが、強いて詠ませたところ、こう詠んだ。

藤の花房の下に入って藤原氏の庇護を受けている者が多いので、以前にもまして花陰が広がっていることよ。

人々は「どうしてこのような歌を詠むのか」と言ったところ、「太政大臣さま(藤原良房)の栄華の極みにいらっしゃり、藤原氏がたいへん栄えているのを思って詠んだのです」と言ったのだ。人々はみな、この歌のことを非難しなくなった。

語句

■左兵衛の督 左兵衛府の長官。左兵衛府は宮中を警護する役所。 ■在原の行平 在原行平(818-893)。業平の異母兄。業平より7歳年上。左兵衛守、治部卿などを経て正三位中納言に至る。 ■上にありける 殿上の間に出仕していること。 ■左中弁 太政官の左弁官局の中弁。上から大弁、中弁、少弁がある。詔勅を起草する。 ■藤原良近 (823-875)平安時代前期の貴族。藤原式家、中納言・藤原吉野の四男。874年左中弁。 ■まらうどざね 「ざね」は主たるもの。つまり、客の中心人物。 ■あやし 奇異な。変わった。 ■花のしなひ 花房。 ■三尺六寸 一尺は約30センチ。一寸は尺の10分の1で約3センチ。 ■あるじのはらからなる 主人の兄弟。業平をさす。 ■あるじしたまう 饗応をしている。 ■すまふ 断る。 ■「咲く花の…」 「咲く花」は藤の花で暗に藤原氏を指す。「多み」は多いので。「かくる」は藤原氏の庇護を蒙る。「ありし」は以前。昔。 ■おほきおとど 太政大臣藤原良房。良近が左中弁になる二年前に没している。 ■みまそがる いらっしゃる。 ■そしる 非難する。

解説

在原行平の館にうまい酒があると聞いて多くの人々が集まってきたのです。そこで行平は藤原良近を主客として酒宴を開きます。行平は風流人です。瓶に大きな藤の花を入れて飾っていました。その藤を題に皆で歌を詠みます。

ひととおり詠み終わったころ、行平の義弟、業平がやってきました。「お前詠んでみろ」「そんな私は歌など心得ませんので」「よく言うわ。やれ」「仕方ないですね」。業平が詠んだ歌…藤の花の下に隠れている人が多いので、以前にも増して大きくなる藤の花陰よ。

「うーんどうもおかしな歌だ。いったいどういう意味なのだ」「太政大臣さまの栄華が絶頂で、藤原氏がことに栄えていることを詠んだのです」。

つまり、藤の花に藤原氏をかけています。時の太政大臣藤原良房は娘の明子(あきらけいこ)を文徳天皇の後宮に入れ、文徳天皇と明子との間に第四皇子惟仁親王が生まれます。後の清和天皇です。藤原氏は、天皇家と姻戚関係を結び勢いを強めていたのです。

この歌は、藤原氏の栄華をほめたたえるように見え、その裏に、権威にこびへつらう人々に冷や水をあびせかけているようでもあります。なにしろ業平の在原氏は藤原氏によって「排除」された側ですから。

≫次の章 「世のうきこと」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク