七十九 千ひろあるかげ

むかし、氏のなかに親王(みこ)生れたまへりけり。御産屋に、人人歌よみけり。御祖父(おほぢ)がたなりけるおきなのよめる。

わが門に千ひろあるかげ植ゑつれば夏冬たれかかくれざるべき

これは貞数の親王、時の人、中将の人となむいひける。兄の中納言行平のむすめの腹なり。

現代語訳

昔、在原氏の同族の中に親王がお生まれになった。御産屋の祝いに、人々が歌を詠んだ。外祖父にあたる老人(業平)が詠んだ。

我らの門に千尋もある広い陰を落とす大樹を植えたからには、わが一門は誰も彼も夏も冬も、大樹の陰で恩恵をこうむらないものはいないだろう。

これは清和天皇第八皇子貞数親王である。その時代の人々は、業平の子だと噂した。業平の兄行平の娘を母としてお生まれになった。

語句

■氏 同族の在原氏 ■皇子生まれたまへり 貞観17年(875年)在原行平女、清和天皇更衣文子が清和天皇第八皇子貞数親王を生む。 ■御産屋 おんうぶや。出産後、三・五・七・九日目の夜に行う祝い。■御祖父がたなるけるおきな 業平。親王の外祖父にあたる老人。 ■「わが門に…」 「尋」は手を広げた長さで約1.8メートル。とても広く植物の陰がかかっているので、誰も彼も隠れる。つまり、恩恵をこうむる。 ■貞数の親王 ■中将 業平のこと。 ■中納言行平 業平の異母兄行平(788-873)。業平より7歳年上。須磨に流されていたこともあるらしい。

解説

在原氏は平城天皇から出ています。平城天皇の子の阿保親王が息子たちを臣籍の降下させた時に「在原」の名を賜りました。元皇族とはいえ行平・業平兄弟の時代にはすっかり家運は衰えていました。この頃、藤原北家がさかんに皇室との縁組をすすめ、その一方で藤原氏以外の氏族を排除していったからです。紀氏や大伴氏、そして業平の在原氏も藤原氏によって排除されていきました。

そんな中、在原氏にとって久しぶりの喜ばしい出来事でした。行平の娘文子が清和天皇との間に親王を生んだのです。清和天皇第八皇子・貞数親王です。その喜びを業平が歌ったという話です。

この段では、貞数親王が業平の子だと噂があったことが語られていますが、実際はどうだったんでしょうか。業平ならありうる気もします。

とにかく貞数親王の誕生は、在原氏にとって久しぶりの喜び事でした。大いに期待が高まりました。しかし残念ながら在原氏の再興にはつながりませんでした。貞数親王誕生の翌々年、清和天皇と藤原高子との間に生まれた貞明親王が皇太子に立ち、後に陽成天皇として即位します。

≫次の章 「おとろえたる家」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク