十一 空ゆく月

むかし、男、あづまへゆきけるに、友だちどもに、道よりいひおこせける。

忘るなよほどは雲居になりぬとも空ゆく月のめぐりあふまで

現代語訳

昔、男が東国へ行ったとき、友人たちに旅先から文を書き送った。

私のことを忘れないでおくれよ。隔たりの程が雲の居所くらいはるか遠くになっても、空行く月がふたたびもどってくるように、ふたたびめぐり会うまでは。

語句

■「忘るなよ…」 「ほど」は隔たりの程。 「雲居」は 雲の居るところ。はるかかなた。下句の「空」「月」が縁語。

解説

旅の途中で、故郷に残してきた友人たちに歌った歌です。七段から十五段まで続く東下りのうちの一話ですが、場所も状況もハッキリしません。松尾芭蕉が29歳で故郷伊賀上野を出て江戸へ向かった時、友人たちに詠んだという句、

雲とへだつ友かや雁の行き別れ

を、彷彿とさせます。

≫次の章 「盗人」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク