八十八 月をもめでじ

むかし、いと若きにはあらぬ、これかれ友だちども集まりて、月を見て、それがなかにひとり、

おほかたは月をもめでじこれぞこのつもれば人の老いとなるもの

現代語訳

昔、そう若い人たちでは無いのが、あの人この人友人たちが集まって、月を見て、その中の一人が詠んだ。

世間の人は何かと月を愛でるが、私はたいがいのことでは月を愛さずにおこう。月が重なれば、歳を取るのだから。

語句

■「おほかたは…」 「おほかたは」は、たいがいのことでは。 「月をも」は世間の人は一般に月を愛でるが、その月をも愛さない。

解説

そう若くない連中が集まって、月見をしていたのです。ああいいなあ。何度見てもいいよ。わいわいと盛り上がっていたんです。その中に一人が詠みました。お前たちはそんな無邪気に言っているが、考えてもみろよ。月は歳月の月に通じるのだ。歳月が積もれば、どんどん年を取っていく。

そう。こうやっている間にも。我々は、年を取っていくのだ。そう考えると、たいがいのことでは月を見ても喜べない気がするよ。楽しい月見に水をさすようなこと言うなよって感じもしますが、そういう感慨は、わかりますね。

≫次の章 「なき名」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク