九十二 棚なし小舟

むかし、恋しさに来つつかへれど、女に消息をだにえせでよめる。

あしべこぐ棚なし小(を)舟いくそたびゆきかへるらむしる人もなみ

現代語訳

昔、男が、恋しさに女のもとに来ては帰るのだが、女に文を送ることもできずに詠んだ。

葦の群生する岸辺を、船棚の無い小舟が幾度行っては帰るのだろう。背の高い葦に隠されて知る人もいないのに。そんなふうに私の恋も、気づかれることもなく、行っては帰るだけなのだ。

語句

■来つつかへる 女のもとに来たが男は帰った ■消息 便り。手紙。■「あしべこぐ…」 「あしべ」は葦の群生する岸辺。 「棚なし小舟」は船端に打ちつけた船板の無い小舟。 「いくそたび」はいくたび。 「なみ」は形容詞「なし」の語幹に接尾語「み」がついたもの。「無いので」。

解説

「棚無し小舟」は舟棚の無い小さな舟。舟棚は「船枻(せがい)」とも言い、舟の両方の舷に渡した板です。その上に船頭が乗って舟を漕ぎました。その舟棚が無いということは、そうとう小さい舟なのです。女を思っているが便りさえ送ることができない男の頼りなく、小心者な様子が暗示されています。

≫次の章 「たかきいやしき」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク