十八 白菊

むかし、なま心ある女ありけり。男近うありけり。女、歌よむ人なりければ、心みむとて、菊の花のうつろへるを折りて、男のもとへやる。

くれなゐににほふはいづら白雪の枝もとををに降るかとも見ゆ

男、しらずよみによみける。

くれなゐににほふが上の白菊は折りける人の袖かとも見ゆ

現代語訳

昔、中途半端に風流心のある女がいた。男がその近くにいた。女は歌を詠む人だったので、こころみようと、菊の花の盛りのすぎたのを折って、男のところへ贈った。

あなたは色好みと聞いていますが、どこにそんな色好みなところが あるのですか。まるで枝がたわむまで白雪が降っているようで、 どこにも色好みなところは見えません。むしろ真っ白ですね。

男は歌の意味がわからないふりをして、ただ菊のことだけの歌として返した。

紅に色づく上を雪のような真っ白く覆っている白菊とは、その枝を折った貴女の袖の襲(かさね)の模様ではないですか。

語句

■なま心 「なま」は未熟。中途半端に風流心があること。 ■菊の花のうつろへる 菊は盛りが過ぎて色変わりしてきた頃が珍重された。ここでは白菊に赤みが差してきたもの。 ■「くれなゐに…」 女が男に菊の花のことと色好みなことを重ねて、かまをかけている歌。「にほふ」は美しく色づいていること。 「いづら」はどのあたり?という疑問。「とををに」はたわむまでに。 ■「くりなゐに…」 男は女の歌の意味をわかっていながら、わざとわからないふりをして、色好みの歌ではなく、単なる菊の花の話として詠んだ。

解説

中途半端に風流心のある女が、男に歌を詠みかけたのです。「あの男はずいぶん風流心があるというけど、どれほどのものでしょう。試してやろうじゃないの」と。ふつう歌は男から女に詠みかけるものですが、ここでは女から詠んでいます。かなり積極的です。

「紅ににほふはいづら」は、紅に照り映えているのは、どこかしら。「にほふ」は臭いがする、ではなく色が照り映えている、嗅覚ではなく視覚に関係した言葉です。

この白菊は、まるで雪がたわわに枝にふりつもっているように真っ白なのに、それでもどこかほんのりと、こう奥のほうで、ぼんやり赤い感じがするわ。この色彩は、どこから来ているのかしらと。謎をかけているわけです。

つまり、あなたは何の気も無いようにしれっとしてますが、一皮むけば、色好みな本性があらわれるんでしょう。それを、私に向けてくださいよと。誘いをかけているわけです。しかし男は男女の関係についての歌とはわかりながら、こんな半端に風流ぶった女など相手にできるかと、わからないふりをして答えます。

紅に照り映えているその色は、単にあなたの袖の色が反射しているだけじゃないですか。いっしょにいいことしましょうよと誘われたのを、男はサラリとかわして、一人で勝手にやってくださいと切り捨てるわけです。

それでいて形の上では女の袖の色彩をほめたような形にもなっており、見事な切り返しと言えます。

≫次の章 「天雲のよそ」
伊勢物語 全章徹底解読 音声つき


スポンサーリンク


朗読と解説音声をダウンロード
「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の有名箇所11篇を朗読+解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいはずです。パソコンからも、スマートフォンからも聴くことができます。無料です。

≫詳しくはこちら

製品版を購入
『伊勢物語』全125段を詳細に解説したCD-ROMです。原文と現代語訳朗読、詳細語句解説つき。本格的に『伊勢物語』を学習したいという方へ。パソコンのみの対応です。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク