異本五 中空に

昔、男、ある人に忍びてあひ通ひければ、かの男に、ある人、

中空に立ちゐる雲のあともなく身のはかなくもなりぬべきかな

現代語訳

昔、男が、ある女に忍んで逢って通っていた所、その男に、その女が、

中空に立ちゐる雲のあともなく身のはかなくもなりぬべきかな

(空の中ほどに立っている雲が跡形もなく消えてしまうように、私の身も消えてしまいそうに思いますよ)

語句

■中空 空の中ほど。 ■ある人 前に出てきた「ある人」と同格で、件の女のこと。

解説

人目をしのんで逢っている男女。のっぴきならない事情があるようで、お互いにこんな関係続けれてちゃダメだ。いつかは破局する。でも…という葛藤があるのでしょう。六十五段「在原なりける男」を思わせる設定です。

「中空に…」の歌は二十一段に一部言葉を変えて登場します。

『伊勢物語』の朗読と解説音声をダウンロード

「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の十二段を朗読し、解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいです。

▼声はこんな感じです(サンプル音声「初冠」)▼

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

朗読・解説:左大臣光永


</