異本六 今はとて

昔ありける、色好みける女、あきがたになりつる男のもとに、

今はとてわれに時雨のふりゆけば言の葉さへぞうつろひにける

返し、

人を思ふ心のはなにあらばこそ風のまにまに散りもみだれめ

現代語訳

昔あった、恋多き女が、自分を飽きてきた男のもとに、

今はとてわれに時雨のふりゆけば言の葉さへぞうつろひにける

(今はもう秋になり時雨が降ってきました。そんなふうに私も年を取ったから、あなたは私に飽きてしまったのでしょう。だから、言葉までもつれないものに変わってしまったのですね)

返し、

人を思ふ心のはなにあらばこそ風のまにまに散りもみだれめ

(あなたを思う私の心がもし花のような移ろいやすいものであれば、風のまにまに散り乱れるでしょう。しかし、私の心はあなたにまっすぐです。移ろうなんて、とんでもない)

語句

■今はとて 今はもう。

解説

この歌のやり取りは、『古今和歌集』には小野小町と小野貞樹の贈答歌として出ています。

今はとてわが身しぐれにふりぬれば言の葉さへに移ろひにけり

小野小町

人を思ふ心の木の葉にあらばこそ風のまにまに散りも乱れめ

おそらく『古今和歌集』の小野小町と小野貞樹の贈答歌をもとに『伊勢物語』作者がストーリーをふくらませたのでしょう。

朗読・解説:左大臣光永


</