異本十七 夢と知りせば

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

昔、色好み、絶えにし人のもとより、

思ひつつ寝ればやひとの見えつらむ夢と知りせばさめざらましを

現代語訳

昔、色好みの男が、交際の絶えてしまった女のもとよりこんな歌を贈られた。

思ひつつ寝ればやひとの見えつらむ夢と知りせばさめざらましを

(貴方のことを思いつつ寝たので、夢にあなたが現れたのでしょうか。夢と知っていれば覚めないでいましたのに)

語句

■絶えにし人 交際の絶えてしまった女。 ■思ひつつ… 有名な『古今和歌集』の小野小町の歌。『古今和歌集』では別れた男に贈った歌ではないが、ここでは話をふくらませている。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

朗読・解説:左大臣光永