異本十三 虫の音や

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

昔、物思ふ男、目をさまして、外(と)の方を見出(みいだ)して臥したるに、前栽(せざい)の中に虫の声なきければ、

かしがまし草葉にかかる虫の音やわれだに物をいはでこそ思へ

現代語訳

昔、物思いに沈む男が、目をさまして、外の方を見やって横になっていた所、植え込みの中に虫の声が鳴いていたので、

かしがまし草葉にかかる虫の音やわれだに物をいはでこそ思へ

(やかましいなあ。草葉に留まって、こんなにも虫の声が鳴いている。私でも物を言わないで思いに沈んでいるというのに)

語句

■前栽 せざい。せんざい。植え込み。 ■草葉にかかる 「草葉に留まっている」と「こんなふうに」を掛ける。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

朗読・解説:左大臣光永