百五 白露

むかし、男、「かくては死ぬべし」といひやりたりければ、女、

白露は消なば消ななむ消えずとて玉にぬくべき人もあらじを

といへりければ、いとなめしと思ひけれど、心ざしはいやまさりけり。

現代語訳

昔、男が「こんなに貴女が冷淡ならば、私は死んでしまいます」と書き送ったところ、女は、

白露が消えるというなら、消えてしまえばいいじゃないですか。どうせ白露を拾い上げて緒を通して飾り玉にしたい人なんて、いないんですから。つまり、貴方を相手にする女性なんていないんですから。

と言ったところ、たいそうひどいと思ったが、男が女を思う気持ちはさらに強くなった。

語句

■かくては死ぬべし 相手の女が冷たいので死んでしまうの意。 ■「白露は…」「玉にぬく」は、露を緒に通して飾り玉にすることで、貴方のことを気遣う人。そんな人はいないという意。 ■なめし ひどい。無礼だ。

解説

「付き合ってくれ。でないと、死ぬ」「じゃあ死ねば」という内容です。女のキツい態度に、男はますます好きになっていくのです。

『伊勢物語』の朗読と解説音声をダウンロード

「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の十二段を朗読し、解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいです。

▼声はこんな感じです(サンプル音声「初冠」)▼

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら