百四 賀茂の祭

むかし、ことなることなくて尼になれる人ありけり。かたちをやつしたれど、ものやゆかしかりけむ、賀茂の祭見にいでたりけるを、男、歌よみてやる。

世をうみのあまとし人を見るからにめくはせよとも頼まるるかな

これは、斎宮のもの見たまひける車に、かく聞えたりければ見さしてかへりたまひにけりとなむ。

賀茂祭(現 葵祭)
賀茂祭(現 葵祭)

現代語訳

昔、さしたる事情も無いのに尼になった人がいた。出家して髪をおろしてはいるが、何となく心惹かれるものがあったのだろうか、賀茂の祭を見に出かけたのを、男が、歌を詠み送った。

世をはかなんで出家した方が祭見物とは。めくばせでもしてくださればと期待をかけてしまいます。

これは、斎宮が祭見物をしていた車に、このように聞こえてきたので途中で見物をやめてお帰りなったということだ。

語句

■ことなること 特別な事情。 ■かたちをやつす 出家して尼姿になっている。 ■ものやゆかし 「ゆかし」は何かに心惹かれること。 ■賀茂の祭 京都賀茂神社の祭。現在の葵祭。陰暦四月の中の酉の日に行われた。冠や車に葵をかけるので葵祭とも呼ばれ、「あふひ」は「逢ふ日」に通じる。 ■「世をうみの…」「うみ」は「倦み」と「海」を。「あま」は「尼」と「海人」を掛ける。「目くはせ」は目で合図する。 ■見さして 見物なかばで。

解説

102段と同じく、伊勢の斎宮の話の後日談です。伊勢の斎宮を下って出家した恬子内親王(やすこないしんのう)とおぼしき女性が、出家したとはいえ祭に心惹かれて車を立てて見物に出るのです。そこへ男が、艶っぽい歌を詠みかけてきます。相手は尼なのにです。

男の歌。「憂みの尼」と「海の海女」を掛けて、「海の海女」からの連想で「海藻(め)くはせよ」と呼びかけます。漁師の海女に、海藻を食わしてくださいと言っているのです。そしてこの「海藻くはせよ」には「めくはせよ」…目配せしてくださいを掛けます。

つまり、イメージ世界においては、漁師の海女に海藻を食わしてくださいと頼みながら、現実世界では、出家した尼さんに、私に一瞥くれてくださいよと色目を使っているのです。

『伊勢物語』の朗読と解説音声をダウンロード

「初冠」 「芥川」 「東下り」 「狩の使い」など教科書でよく採りあげられる『伊勢物語』の十二段を朗読し、解説しています。難しい古文の言葉も、耳から聴けば、理解がしやすいです。

▼声はこんな感じです(サンプル音声「初冠」)▼

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら