八十一 塩竃

むかし、左のおほいまうちぎみいまそがりけり。賀茂河のほとりに、六条わたりに、家をいとおもしろく造りて、すみたまひけり。十月(かんなづき)のつごもりがた、菊の花うつろひさかりなるに、もみぢのちぐさに見ゆるをり、親王たちおはしまさせて、夜ひと夜、酒飲みし遊びて、夜明けもてゆくほどに、この殿のおもしろきをほむる歌よむ。そこにありけるかたゐおきな、板敷のしたにはひ歩きて、人にみなよませはててよめる。

塩竃にいつか来にけむ朝なぎに釣する船はここによらなむ

となむよみけるは。陸奥(みち)の国にいきたりけるに、あやしくおもろしき所々多かりけり。わがみかど六十余国のなかに、塩竃といふ所に似たる所なかりけり。さればなむ、かのおきな、さらにここをめでて、塩竃にいつか来にけむとよめりける。

源融 河原院跡(京都府京都市下京区都市町)
源融 河原院跡(京都府京都市下京区都市町)

渉成園(河原院跡と比定される)
渉成園(河原院跡と比定される)

十輪寺 塩釜(京都府京都市下京区都市町)
十輪寺 塩釜(京都府京都市下京区都市町)

現代語訳

昔、左大臣がおいでになった。賀茂川のほとりに、六条あたりに、邸宅をたいそう趣深く造ってお住まいになっていた。十月の末ごろ、菊の花が赤みがかって色合いが移り行く頃、紅葉がさまざまの色に見える折、親王たちを招待されて、一晩中、宴会して管弦の遊びをして、夜が明け行く頃、この御殿の趣深いことを歌に詠む。そこにいた乞食爺が、板敷の下にうろうろして、人にみな詠ませ終わってから、詠んだ。

塩竃にいつ来たのでしょうか。このお庭を眺めていると、本当に塩竃に来た気分です。朝なぎの中釣をする船は、この塩竃の浦にこぎ寄せてほしい。

とは見事に詠んだことよ。陸奥に行った所、味わい深く趣深い所が多くあった。わが国土六十数カ国の中に、塩竃という所に似た所は一つも無い。だからこそ、この老人はいっそうこの場所を愛して、「塩竃にいつ来たのだろうか」と詠んだのだった。

語句

■左のおほいまうちぎみ 「おほいまうちぎみ」は大臣。河原左大臣源融のこと。融は嵯峨天皇の皇子で初段「みちのくの…」の歌の作者。小倉百人一首にも採られる。六条河原に邸宅を持ち風流の限りを尽くした。 ■賀茂川 鴨川。 ■家 融の邸宅河原院は六条坊門の南、万里小路の東、賀茂川(鴨川)の西にあった。 ■うつろひさかり 菊の花が秋に色づくさまが特に綺麗だと喜ばれた。 ■ちぐさに さまざまに ■かたゐ翁 こじき爺。 ■「塩竃に…」 「塩竃」は宮城県松島の海岸。源融は六条の館に塩竃の景色を模した庭園を造らせた。 ■よみけるは 「は」は感動の助動詞。 ■陸奥の国 東北。磐城・岩代・陸前・陸中・陸奥。 ■わがみかど 天皇が治める国家。

解説

源融は嵯峨天皇の皇子ですが臣籍に降下して源の姓を名乗りました。左大臣まで上り詰める一方風流生活を満喫し、鴨川の西六条に「河原院(かわらのいん)」という広大な庭園を築き、陸奥の塩竃の景色を再現したり、難波から海水を運んできて塩焼きの煙を炊いて風流の遊びにふけりました。ここから源融のことを河原左大臣と呼びます。

『伊勢物語』冒頭にも引用されている「みちのくの忍ぶもぢずり誰ゆえに乱れそめにし我ならなくに」は河原左大臣こと源融の歌です。

十月の末、河原院の庭園に親王たちが集まって宴を開きました。その席で、業平とおぼしき「かたゐ翁」が歌を詠みます。「かたゐ翁」は「乞食のじいさん」。在原氏の家運は傾いたとはいっても元皇族であり、そう低い身分ではないのですが、ここではより皇室に近い源融と比べて、その違いを強調して卑下しているのです。

遠い陸奥の塩竃に、私はいつ来たのでしょう…

塩竃といえば『古今集』に「陸奥はいづくはあれど塩竃の浦漕ぐ舟の綱手かなしも」があり、古来、漁師や舟、塩焼く煙などのイメージをかきたてる歌枕です。紫式部は夫を亡くした悲しみを「見し人の煙となりし夕べより名ぞむつましき塩釜の浦」と詠んでいます。松尾芭蕉も『おくのほそ道』の旅で訪れていますね。

また業平は「東下り」などの章から見て、昔実際に塩竃を訪れたことがあるかもしれません。

歌枕としての、イメージとしての塩竃。実際に旅した陸奥国の塩釜という場所。今目の前にしている塩竃を模した庭園の景色。これらがまじりあい、渾然一体となるのです。