五十五 言の葉

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

むかし、男、思ひかけたる女の、え得まじうなりての世に、

思はずはありもすらめど言の葉のをりふしごとに頼まるるかな

現代語訳

昔、男が、懸想した女と、もはや手に入れることができない関係になって、

貴女は私のことなんかもう思い出さないかもしれないですが、私は
あなたがたまに言葉をかけてくださるごとに、もしや昔の関係に戻れるのではと、期待してしまうのです。

語句

■世 男女の関係。 

解説

かつて親密に情をかわしていた女が、何かの理由ですっかり疎遠になり、関係が絶えてしまったのです。それでも、諦めきれない、思い出すんです。かつて交わした愛の言葉の数々を。

たまにかけてくれる事務的な言葉に、もしかしたら昔の関係にもどれるかもと、はかない期待をかけてしまう…これも業平と高子のイメージがただよっているようです。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら