四十二 誰が通ひ路

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

むかし、男、色好みとしるしる、女をあひいへりけり。されどにくくはた、あらざりけり。しばしばいきけれど、なほいとうしろめたく、さりとて、いかではた、えあるまじかりけり。なほはた、えあらざりける仲なりければ、二日三日ばかりさはることありて、えいかでかくなむ、

いでて来しあとだにいまだ変らじをたが通ひ路といまはなるらむ

ものうたがはしさによめるなりけり。

現代語訳

昔、男が、色好みと知りつつ女と情を交わしていた。そうはいっても一方では悪く思ってもいなかった。時々女のもとに通っていたが、やはり女の心変わり心配で、そうはいってもどうやってまた、通わずにおれよう。なんといってもやはり、通わずにおれない仲なので、二日三日ほど差し障りあることがあって通うことができなかった時、男はこう詠んだ。

貴女のもとから帰ってきた、私のその足跡もいまだ変わっていないでしょうに、いったい今はどこの男が通ってきているのですか。

なんとなく女が疑わしいので詠んだ歌である。

語句

■あひいへりけり 「あひ」は「相」お互いに。「いふ」は語らう。お互いに情を交わしたこと。■はた また。副詞。 ■えあるまじかりけり え・あるまじかり・けり ~せずにはいられなかった。 ■さはること 差し支えること。 ■「いでて来し…」「いでて」来るのは男。「あと」は足跡。

解説

「色好み」は風流心があるという意味でもありますが、ここでは「多情だ」「浮気性だ」という意味が強く出ています。男はそんな女を好きになってしまったのです。

そうはいっても憎くない。だが女の心移りが心配だ。何度か行き通うが、やはり信用できない。そうはいっても行き通ってしまう。

いかにもグズグズと、執着している男の煮え切れない態度が伝わってきます。そして、妄想の中に浮気相手を想像して、嫉妬するのです。

ついさっき、俺があいつの家を出てきた、その足跡さえまだ変わっていないのに、もう男が通っているのか…。だいぶ思いつめています。今にも包丁持って女のもとに押しかけそうな感じです。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら