三十四 つれなかりける人

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

むかし、男、つれなかりける人のもとに、

いへばえにいはねば胸にさわがれて心ひとつに嘆くころかな

おもなくていへるなるべし。

現代語訳

昔、男が冷淡な女のもとに、

口に出して言おうとすれば、言えない。言わないでいれば胸さわぎがする。心ばかり嘆いているこのころですよ。

臆面もなくよく詠んだものである。

語句

■つれなかりける人 「つれなし」は冷淡。無情。冷淡な女。 ■「いへばえに…」「言えば・えに」。「えに」は動詞「得(う)」の未然形+打消の助動詞「ず」の古い形の連用形。 ■おもなくて 臆面もなくて。

解説

つれない相手に対する、モヤモヤした気持ちを歌っています。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら