十一 空ゆく月

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら
【古典・歴史】オンラインショップはこちら

むかし、男、あづまへゆきけるに、友だちどもに、道よりいひおこせける。

忘るなよほどは雲居になりぬとも空ゆく月のめぐりあふまで

現代語訳

昔、男が東国へ行ったとき、友人たちに旅先から文を書き送った。

私のことを忘れないでおくれよ。隔たりの程が雲の居所くらいはるか遠くになっても、空行く月がふたたびもどってくるように、ふたたびめぐり会うまでは。

語句

■「忘るなよ…」 「ほど」は隔たりの程。 「雲居」は 雲の居るところ。はるかかなた。下句の「空」「月」が縁語。

解説

旅の途中で、故郷に残してきた友人たちに歌った歌です。七段から十五段まで続く東下りのうちの一話ですが、場所も状況もハッキリしません。松尾芭蕉が29歳で故郷伊賀上野を出て江戸へ向かった時、友人たちに詠んだという句、

雲とへだつ友かや雁の行き別れ

を、彷彿とさせます。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら
【古典・歴史】オンラインショップはこちら