異本九 蒔きしなでしこ

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

昔、男えあふまじかるける人を恋ひわたりて、

わが宿に蒔きしなでしこいつしかも花に咲かなむよそへてもみむ

現代語訳

昔、会えそうにもない相手をずっと恋し続けて、

わが宿に蒔きしなでしこいつしかも花に咲かなむよそへてもみむ

(私の家に蒔いたなでしこの種。早く花が咲いてほしい。せめてなでしこの花を愛しいあの人になぞえらて、眺めたいのだ)

語句

■いつしかも 早く。 ■よそへる なぞらえる。

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

朗読・解説:左大臣光永