百十 魂結び

■『伊勢物語』解説・朗読音声を無料ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

むかし、男、みそかに通ふ女ありけり。それがもとより、「今宵夢になむ見えたまひつる」といへりければ、男、

思ひあまりいでにし魂のあるならむ夜ぶかく見えば魂結びせよ

現代語訳

昔、男がひそかに通っている女がいた。その女のもとより「今宵、私の夢に貴方のお姿が見えました」と言ってきたので、男、

思いが余って、体を抜け出す魂もあるといいます。夜がふけてからまた夢を見たなら魂結びのまじないをしておいてください。

語句

■魂結び 抜け出した魂を結びとめておくまじない。

解説

古来、あまりに激しい物思いをすると魂が肉体からさまよい出て、相手の夢の中にあらわれると信じられていました。『源氏物語』で六条宮御息所が源氏の正妻葵の前に取り付く話、また和泉式部の歌が有名です。

物思へば沢のほたるもわが身より
あくがれ出づる魂かとぞ見る

■『伊勢物語』解説・朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら