九十一 惜しめども

むかし、月日のゆくをさへ嘆く男、三月(やよひ)つごもりがたに、

をしめども春のかぎりの今日の日の夕暮にさへなりにけるかな

現代語訳

昔、月日が過ぎ行くのまでも嘆く男が、三月末ごろに、

いくら惜しんでも、春が終わるこの日の、もう夕暮れにまでなってしまった。

解説

三月の末に過ぎ行く春を惜しんでいるのです。古来、行く春を惜しむ「惜春」の情は、多くの歌や句に詠まれて来ました。

行く春や鳥啼き魚の目は泪
行く春を近江の人と惜しみけり